てっくてっく

趣味プログラミング始めました。いろいろ書きます。

Anacondaで仮想環境を構築(Mac)

今回はAnacondaで仮想環境を構築する方法について書いていこうと思います。

(引き続きターミナルを使っています。)

 

仮想環境を作る

conda create -n py1 python=3.6 anaconda

 

※ 補足

py1:仮想環境の名前を表します。自分がわかりやすいように作成すればいいと思います。

python=3.6:ここの"3.6"はPythonのバージョンを示します。今はこの3.6が最新です。

anaconda:最後にこれを書き込むことで、Anacondaの環境も含めることができます。

 

作った仮想環境の確認をする

conda info -e

 

と書き込むことで、今存在する仮想環境を確認することができます。

ちなみに、自分が作ったものの他にrootというものがあります。

 

例えば、上に書いたコードで仮想環境を一つ作った場合は、

py1        /Users/(ユーザー名)/.pyenv/versions/anaconda3-4.3.1/envs/py1

root     * /Users/(ユーザー名)/.pyenv/versions/anaconda3-4.3.1

となります。

 

仮想環境に入る(Activeにする)

source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/activate py1

 

 

調べていると、

 

source activate py1

 

だけで仮想環境に入れると書かれていたのですが、実際に書き込んでみると、

 

pyenv: -bash: command not found

[プロセスが完了しました]

 

と表示され進まなくなりました。

これに関しては、以下の記事で詳しく記載されています。

pyenvとanacondaを共存させる時のactivate衝突問題の回避策3種類 - Qiita

 

ただ、この記事の一つ目に記載されている「pyenvを使わない」という方法ではうまくいかなかったので、二つ目の方法を採用しました。

 

さらに、仮想環境に入ると、行の始めに (仮想環境名) と出てきます。

例えば、僕が作った仮想環境では、 (py1) と表示されます。

 

 

仮想環境から出る(非Activeにする)

source $PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/deactivate py1

 

これも仮想環境に入る時と同様に、うまくやれば

$PYENV_ROOT/versions/anaconda3-4.3.1/bin/

の部分は省略できるのかもしれませんが、僕はこのように書き込んでいます。

 

最後に

未だに、この仮想環境を用いてどのようにプログラミングを進めるのかもよくわかっていないので、次はそういったことを勉強して記事にできればと思います。

 

これから少しは勉強ペースが上がりそうなので、もう少し中身のあることを書けるように頑張ります。

 

参考↓

[Python]Anacondaで仮想環境を作る - Qiita

pyenvとanacondaを共存させる時のactivate衝突問題の回避策3種類 - Qiita